暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」の公式ブログです。暗号資産に関する基礎知識や、取引に役立つ情報など随時更新していきます。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)は、LINEの暗号資産取引サービスです。

ビットコイン・アルトコインを含む記事

最終更新日 2024.06.18 Flare Networkは「データ用のブロックチェーン」であることをスローガンとしているレイヤー1のブロックチェーンです。 技術者などに、他のチェーンやインターネットから、完全性が確保されたデータを安全かつ安定した分散的な方法で提供することをミッションとしています。

イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「デンクン(Dencun)」が、2024年3月13日(水)に決定しました。 今回のアップグレードは、2023年4月にステーキング報酬のETHを引き出すことが可能となった「シャペラ(Shapella)」以来の約1年ぶりとなる

ビットコインはブロックチェーン技術に支えられており、マイニングという重要なプロセスを通じてそのシステムが維持されています。 マイニングは、コンピューターで複雑な計算処理をおこない、ビットコインの取引が正しいかをチェックするものです。 取引が問題なく検証されるとその情報がブロックチェーンに追加され、取引が正式に承認されます。この一連の流れをおこなうマイナーは、報酬として新規発行されたビットコインを獲得します。 ところがビットコインの発行枚数は2,100万枚に限られているため、上限に達するとビットコインの新規発行は終了します。 新規発行枚数は段階的に減る設計となっており、マイナーに支払われるビットコイン報酬も減っていくことを意味します。 この記事では、新規発行枚数が減っていくことでビットコインの市場環境がどのように変化していくのかについて解説していきます。

2024年1月16日、フィンシア財団(Finschia Foundation)とクレイトン財団(Klaytn Foundation)がアジアにおけるWeb3の優位性を確立するためにブロックチェーンの統合計画を発表しました。 発表によると、両財団は今回の提案がアジアにおけるWeb3の優位性を確立するための重要な戦略であると考えており、統合を決める投票が行われる予定です。 提案が承認されれば統合財団が設立され、メインネットやトークン、ガバナンスの統合も予定されています。

世界最大の資産運用会社ブラックロックが米国証券取引委員会(SEC)へビットコイン現物ETFを申請し、その上場に伴って暗号資産市場はビットコイン現物ETFの動向に注目を集めています。 ビットコイン現物ETFの上場は、暗号資産市場の成熟化と拡大を示

最終更新日 2024.01.29 2023年5月15日、ビットコインキャッシュ(BCH)はハードフォーク(Hard Fork)を予定しています。 ハードフォークは、ブロックチェーンネットワークのルールや仕様を変更して新しいチェーンが生成される過程を指し、これを機にビットコインキャッシュは様々なアップデートが想定されています。 今回のハードフォークでは、ブロックチェーン上で契約内容(条件)を自動的に実行するスマートコントラクトの実装が注目されています。スマートコントラクトは、自動的に実行・検証・取引を行うプログラムであり、従来の取引よりも迅速かつ効率的な処理を可能にします。 ビットコインキャッシュは決済手段としての実用性を徐々に高めていますがなぜ今回、スマートコントラクトが実装されるのでしょうか。